エースホーム 耐震等級

エースホームの耐震等級

素人にとっては、耐震性というのはなかなか分かり辛いものです。実際、今の建築基準法通りに建てると、基本的には地震が生じても家が倒壊する可能性は低いということがいわれています。とはいっても、震度7程度の地震がくると「損傷」する可能性はあると言えます。

 

 

 

これはあくまでも確率的なものだという事も言われますが、しかし、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準があります。これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

 

マイホームを探すなかで、住宅情報などをしっかりと見ている方だと、そういった記載の中に、耐震等級1とか、3とかいうものを見たことがある人もいるかもしれません。

 

 

このように、耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられています。そして、それによって、耐震の度合いが違うようになっているのです。

 

 

 

エースホームの家についてみてみると、とくにこういった耐震等級について、細かく述べているようなものはないようです。とはいっても、注文住宅についてもこだわりのあるハウジングメーカーとなりますから、エースホームで家を建てる場合には、事前に確認をしてみるとよいでしょう。

 

 

 

基本的には、耐震等級2以上にすることによって、より計画の信頼度が上がると考えて良いと言う事になります。

 

 

 

もともと、マイホームを耐震等級1にするためには、2階建ての住宅の場合は別段、法律で定められている簡易な検討方法で検討すれば良いことになってますので、比較的容易だといえるでしょう。

 

 

 

ここからさらに等級をあげて、耐震等級2や、耐震等級3の家を建てたい、と思う場合は、耐震等級1のように簡単にはいきません。

 

 

 

ふつうの2階建てのマイホームであっても「構造計算」と呼ばれるもの、もしくは精密な検討が必要になります。コストもだいぶかかってくる可能性がありますので、そのあたりは要相談となってきます。

 

 

 

なので、こういったものを確認したうえで、より詳しい耐震性能などについては、営業の人などに聞いてみましょう。